対人恐怖症 克服  対人恐怖症 治療法

集合体恐怖症を克服し症状を治療するための方法!要チェック!

集合体恐怖症を克服し症状を治療するための方法!要チェック!

恐怖症とは

こちら


>>薬を飲むことなく自宅で恐怖症を改善する方法<<

恐怖症は治すことができる病気なので絶対に諦めないでくださいね^^


集合体恐怖症とは・・・

そのうちの1つ集合体恐怖症とは、鳥肌、イチゴの粒、魚卵、昆虫の目等(特に小さいものなど)が
密集している物に対し、異常なまでの恐怖感や不安感、不快感などが出る症状の事です。

身体的な症状は、異常なまでの強い恐怖感や不安感、不快感、嫌悪感、痒み、動悸、
悪寒、嘔吐、正常な判断の低下…などがあげられます。

別名、『斑点恐怖症』とも呼ばれています。


この集合体恐怖症というものは、小さいものが密集していたり、ひまわりの種やイチゴの粒、
ドット柄、いくらのような魚卵、密集している穴など、同じものが密集し、集合体と化している物に
とても恐怖感や不快感が出ます。

酷い場合は、お風呂場にある鏡についた水滴、雨水の水滴などにも恐怖感が出る場合があります。


これらは、人によって症状も異なります。

魚卵などの食べ物は平気でも雨水などの水滴がダメ…という方も居れば、
その逆などもあったりします。


さらには、ボタン恐怖症にも書きましたが、(小さい)ボタンなどが密集していたり、
画鋲が沢山入った透明の入れ物を見ただけでもダメ…というケースもあったりします。

ただ、ボタン恐怖症から併発する事もあったりしますが、何が恐怖症対象物になるかによって、
微妙に分かれるのではないかと思われます。


集合体恐怖症の原因は、いくつかあるようです。

・幼少の頃、食べ物、虫、柄物などが、何かのきっかけで密集しているのを
目の当たりにしたのを見てから発症した。
・きっかけもなく、いつのまにか気がつくと発症していた。
・皮膚の鳥肌を見たり、小さい病原体の密集…などを見た事により、『病気=集合体』
という図式のように連想するようになった。

…と、いった原因が多いようです。


原因やきっかけがわからない場合は別ですが、食べ物、虫、柄物など、
何かがきっかけで嘔吐をした事により、それから恐怖症発症…という方が
かなり多いように見受けられます。

しかし、この状態のまま放置をすると、日常生活にまで悪影響を及ぼしてしまう事は、
容易に推察が出来ます。

少しでも恐怖症を和らげられるよう、改善、克服するのが一番です。


では、どうしたら集合体恐怖症を改善、克服が出来るのでしょうか。

集合体恐怖症の治療法は、身体的症状が重い場合、少しでも軽くした方が
精神的にも負担がかかりにくくなるので、心療内科、精神科などの医療機関を受診し、
カウンセリングや薬物療法を受けるという手段があります。

様々な心療内科や精神科などがありますが、カウンセリングを実施している医療機関と、
実施していない医療機関があります。

まず、電話などで問い合わせをし、カウンセリングも実施しているかどうかを確認をしましょう。


そして、カウンセラーなどの専門家の下でカウンセリングを受け、
精神療法も併せてする事もお勧めします。

カウンセラーなどもそうですが、ご自分にあった人を探すようにすると、なおいいでしょう。


集合体恐怖症に有効的な精神療法は、恐怖症対象に対して段階的に身を置きながら
恐怖心を取り除く暴露療法です。

しかし、ご自身でも「何故、集合体恐怖症を発症したのか」を掘り下げるように見つめ、
前向きに恐怖症克服していく事が、改善に向けての1歩となります。


集合体恐怖症という一般の健常者には理解され難い病気も、いつか必ず完治できます。
根気強く治療していく事が一番の解決、克服に繋がる事でしょう。

短期間で集合体恐怖症が克服できる治療法とは?

治療法とは


どんな治療法にも効果に個人差はありますが、この治療法集合体恐怖症に対しても
高い効果を期待することができるので、試してみる価値はあるかもしれません。

誰でも簡単に自宅で動画を見ながら実践することができる治療法なので
「人に知られることなく集合体恐怖症克服したい!」という方におすすめの治療法です。

こちら


>>薬を飲むことなく自宅で恐怖症を改善する方法<<

恐怖症は治すことができる病気なので絶対に諦めないでくださいね^^


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional